« 改良窯とクサカジ(太布 kusa-kazi).ヒュウジ(苧麻、カラムシ) | トップページ | カラムシはメカキをしますか? »

2017年4月 5日 (水)

昔は、なんでも、ワラで作った(ふのりつけ) 太布織

■ 4月4日調査。


 昔はなんでも、ワラで作った、という。道具。
 太布織のとき、縦糸にフノリ(海藻)を付けながら織る。
 
Dsc04519
 
 
 
Img_0440 
 コウゾ

 竜の髭 深きに腰を 下ろしけり アイコ
 
 
 鮎のことを「アイ」と発音する、という。
 
 
Img_0407
 
 龍 tatsu,ryu  の ひげ

Img_0450


 太布となる原料 加工されたコウゾ
 
Img_0416
 
 
Img_0426  
 
Img_0422 
 
Img_0488 
 
 コウゾの畑 
 
Img_0494_2
 
Img_0532 
   カヤ
 
Img_0505
 
  二カジの場所   
 
 
Img_0508 
 
 
Dsc04582 
  コウゾの内芯。焚き付け用。
 
Img_0507 
   ここで水に浸け、河原で寒気にあてる。

 昔は、畑の土の上で行った、という。
 
 
Img_0516 
  サクラ。  

Img_0521  
 
 
 

« 改良窯とクサカジ(太布 kusa-kazi).ヒュウジ(苧麻、カラムシ) | トップページ | カラムシはメカキをしますか? »

からむし(青苧)などの生産 歴史等」カテゴリの記事

阿波太布 とくしま木頭」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31