« 11時、JR会津若松駅: 販売しない布を織る「すてきな」暮らし | トップページ | 会津田島の染め屋 報告書より。石製のアイガメ、すくも小屋 »

2017年5月 4日 (木)

連休の混雑: おばあたちの手技 改訂版。

■2017年5月4日(木) 晴れ


 午前8時45分、昭和村喰丸を自動車で出発。会津川口から只見川沿いに三島町、柳津町、、、、11時にJR猪苗代駅に台湾・徳島阿波藍の来客5名の皆さんを送り届ける。郡山駅に向け乗車され、郡山から新幹線を乗り継いで関西へ。一週間、お疲れ様でした。(夜にヤオさんから京都に無事到着と連絡あり)。
 
 8日の午後3~4時?頃に、奥会津書房の遠藤由美子さんと、今回の受入対応についての反省検討会を行います。11月上中旬に台湾に三度目の訪問、からむし文化の再調査を行う予定です。

 
 帰りに一般道(国道49号)にて会津若松まで。連休の大渋滞でした。
 
■ 5月5日は大岐の小屋脇の育苗用ハウスを建てます。その後、9時に喰丸体験住宅を管理者の苧麻倶楽部に返却、確認してもらいます。
 午後はハウス建てを行います。7日までは毎日ハウス建て。8日午前は通院。午後は文化財収集作業。
 
 
■ 三島町町史編さん室のK氏から電話が2度ある。校正作業と、町内の土蔵解体で新資料が出てきていること等。家屋解体・土蔵解体は、多雪地帯で最近多くなっており、その新出資料・民具資料等の扱いへの課題がたいへん多くなっている。5月1日の昭和村での会議も同じような課題を検討しました。6月22日(案、予定)として村内文化財めぐりで村がマイクロバスを出して、希望者を半日村内を視察する。
 
 
 
 
 

 
---------
20170504dsc07345
 
 今朝、雪どけ水は少なく、昼以降に増水する。滝谷川上流。
 
20170504dsc07347
 
 
20170504dsc07346 
 
20170504dsc07349 
  かすみ草エクセレンス。青いパオパオ(不織布)。防霜、防湿。
 
 
20170504dsc07357 
  JR猪苗代駅
 
 
20170504dsc07358 
 
20170504dsc07359  
 
 猪苗代湖。白鳥丸(遊覧船)には乗船待ちの長蛇の列。
 
20170504dsc07360
 
 渋滞する国道より撮影。  
20170504dsc07375
 夕方に、母の日セールの量販店店頭調査。
 
20170504dsc07370 
  新製品のプロモーション。大量陳列。
 
 
20170504dsc07377 
 モミガラくん炭でアブラムシが来ない。現代農業誌。
 
 
20170504dsc07364 
  『おばあたちの手技 ~沖縄県 宮古諸島に伝わる苧麻(からむし)糸手績みの技術~』。改定版が3月に出版されました。現在、昭和村佐倉のからむし工芸博物館で文化庁の選定技術展が開催され宮古島のカラムシ織りについての展示コーナーもあります。
 本書は、昭和村大芦のファーマーズカフェ大芦家にて五百円にて販売しています。35頁、カラーA4版。
 
 
20170504dsc07365 
   宮古島のカラムシ品種群
 
 
20170504dsc07366 
  栽培のしかた。畑が無くとも、コンテナなどでも栽培可能です。からむし焼きは不要です。繊維の取り出し方もスプーン等でできること等、宮古島に暮らす人びと皆にカラムシを栽培してほしい気持ちが伝わる、たいへんに優れたからむし生産の手引き書です。
 
 からむしは特別な人のものではない、、、、ということは、次の時代に継承するためにはとても大切な視点です。すでに文化庁の選定技術指定(つまり補助金という公的支援を受ける)を受けた宮古島の団体は、優れた社会的な責任への対応しています。学ばなければなりません。 
 
 
 
 
 

« 11時、JR会津若松駅: 販売しない布を織る「すてきな」暮らし | トップページ | 会津田島の染め屋 報告書より。石製のアイガメ、すくも小屋 »

会津学」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31