地域文化に関するもの

2017年4月12日 (水)

The Lumineers:プチパール研究会:水害常襲地

■2017年4月12日(水)

 
 12日~14日と、日中は集落誌調査(4月8日より続く。農作業がはじまるので集中調査)。

 奥会津の中近世の村落形成の在り方を考える時、共通点がいくつかあるが、そのひとつが支配拠点(大庄屋・大割元・郷頭)を置く場所が水害常襲地である。
 現在の調査の三島町の場合、近世大谷組16ヶ村は大谷村に郷頭宅を置く(郷頭宅は水没しない高台)、近世初期慶長4年の奥会津の186ヶ村支配の大割元(大庄屋)が置かれた滝谷村、近世は滝谷組15ヶ村の支配拠点が幕末まで置かれたが、ここも水害常襲地である。滝谷村に至っては河岸段丘上の散居が河川沿いに下がって街路を形成している。
 現昭和村の野尻村も野尻組9ヶ村の郷頭宅がおかれ、ここも洪水常襲地で、その河川の下端である。

 郷頭が置かれる集落はその主河川の河口近くである。そしてその河川名が郷頭村名の呼称となる。中津河郷は野尻郷に変更される。

 縄文時代の奥会津の情況にも似て、中期の集落が高台に形成され、それが後期・晩期には河川近くの平坦地に下りてくる(河川に近づく)。
 
 ----
 
 
 
---
 
■昨夜の会津若松でのプチパール研究会。8名。千葉県南房総市の金井園芸の出荷規格の検証(事例研究)をした。現状では日本最大面積栽培の金井園芸の冬春作出荷を受けて夏秋に継続出荷できるような体制を組む。

   →金井園芸
 
 草花類の風合を維持するため葉を残す、結束部の葉は除去する(水浸かり部は品質維持の点からも葉取りする)。ニオイ抑制前処理(クリザールSC30倍液)を行う。
 出荷規格は栽培特性を生かすため原則 60cm、50cm、40cmとしセンチ表示とする。
 入本数は適宜検討する(エルフバケット出荷)。

 
 栽培はフラワーネット2段・3段張り。
 切り前は出荷時期により最長花持ちを確保できる切り前にする。
 販売にあたっては「プチパール」とし、かすみ草としない。
 かすみ草とすると、かすみ草の価格変動に連動してしまう。
 安定中値販売。
 
 プチパール研究会のニュースレターを会員内に配布(世界の栽培規模と日本の現状等)

 
----
スペインのチピオナ村(かすみ草栽培村)のプチパール 
with Petite from Flores los Rizos in Chipiona
 
201704112
 

 
■ 昨夜のプチパール研究会で話題となったルミナーズ
 

 
 

2017年3月13日 (月)

書局(書店)

■2017年3月13日(月) 台湾島2日目

 
 2日目は、台北市の西30kmの桃園市に鉄路で向かい、ここを拠点に2泊する。国際空港がある都市。
 
 3日目、14日はフィールドワーク。しかし雨天が予想され、気温も10度低くなる。
 
20170313taipei
 
 
 
■11月に来た時の宿の大通りをはさんでの向かいの宿(中級)に泊っている。台北市の宿は13時にチェックインでき、12時がチェックアウト(退出)。東京だと14時から15時に入室、11時が退出)。
 古い宿でテレビが薄いデジタルの壁掛け式になっているところのみ新しい。ソニー製。
 そういえば台北市内の松山空港は、到着して歩く通路には蝶の絵、お茶の缶、天井には蝶の形をしたつりさげが装飾している。入国カウンターに降りるエスカレーターのところから日本の日立の洗濯機等の壁面広告が続く。なお軍用空港併用のため写真撮影は禁止されている。出国場所には2つの自動カウンターがあり、事前に申し込めば、パスポート、指紋をスキャンして対人査問されずに入国できるようだ(利用者はある)。
 
 入国ゲートは、パスポートのチェックのほか、顔(ひとみ)の撮影、両手の人差し指の指紋認証機械にて記録がとられる(アメリカなどもこのような仕組み)ので、時間がかかるため、長蛇の列になっている。バッゲージ、航空機の貨物室に預けたスーツケースが出てくる回転台には、たくさんのスーツケースがまわっており(入国審査待ちで時間がかかっているため)、すぐに受け取り、ターミナルビルを出る。台北市内の無料の折り畳み地図(中国語、英語、日本語等)をカウンターで入手。(両替は日本で行っている)
 
 空港からタクシーで宿まで向かったが、タクシーはすべて黄色の車体。今回、はじめて近代的な大型書局(書店)に行ったが、雑誌よりも書架に単行本がたくさんあり、椅子に座って読んでいる人が多く、座りきれない人は、床面に座り込んで読んでいる人がとても多い。これまで(11月)に市内にある書店(旧来の)では、そうした光景は無かった。
 
 新しくビル内に開業している書店は、店内レイアウト、見せ方も重心が低く、すっきりとして見やすい。また新しく刊行されている本自体も、バランスがとれ、漢字を使う文化がたいへんに洗練されている。同じように地産地消的な農産物・加工品のパッケージも美しく機能的である。
 
 
■ 少数民族関係の本は見当たらなかったので、明日の午前に大学街で8時30分から開館している専門書店に行く。昼には午後からの今回の旅程すべてを案内していただく馬さんと合流する。今回の荷物は重く(38kgを2つのスーツケースに分けた)、それをどのように運搬するのか(歩きも多いため)を考えている。
 
■ 日本標準時と台湾島の時差はマイナス1時間。携帯電話は出国時に海外使用と手続きしたので、このまま使用できる。時差も自動で調整する。帰国したら解約する。
 カメラの日時はマイナス1時間の設定をせずに、このまま使用する。
 
 
■ 宿の客室はWi-Fiが無料で使用でき、チェックイン時にネット接続のパスワードが書かれた紙片をもらう。なお、インターネットラジオ(ラディコ)は海外のため受信ができない。
 
 
■ 台湾島は室内の電源コンセントは日本仕様で100ボルト。
 
20170312dsc00713 
 
 空港のチェックインは2時間30分前から。ディスカウントチケットのため事前の座席指定ができないため、3時間前から並んだ。インターネットで直接購買すると事前に座席予約ができる。荷物を2個(38kg)スーツケースを預ける。1個20kgまで。
 
20170312dsc00724 
  羽田空港国際線ターミナル
 
 
20170312dsc00729 
 
20170312dsc00745    
 
20170312dsc00748 
 
20170312dsc00770  
 
20170312dsc00757  
  タクシーの課金メーター
 
 
20170312dsc00759 
 
20170312dsc00855 
 
20170312dsc00799  
 
20170312dsc00800 
  日本の原研哉のデザイン本の中文(中国語、台湾語、漢文)訳。
 
 
20170312dsc00798 
 
20170312dsc00801 
 
20170312dsc00796   
 
20170312dsc00797 
20170312dsc00842
 
 生花店
 
20170312dsc01902
 
20170312dsc00877  
 
20170312dsc00816 
 
20170312dsc00808 
 
20170312dsc00813 
 最後の活字工  
 
20170312dsc00810
 
20170312dsc00886 
   自分で取る?セルフサービス。有料。
 
 
20170312dsc00888 
 
20170312dsc01882

2017年3月11日 (土)

羽田着、12日早朝、出国。

■ 2017年3月11日(土) 羽田空港近くの宿に到着。12日の早朝に予定通り出国する。

 

 

20170311dsc00698  

 

20170311dsc00701 

   会津若松

 

 

20170311dsc00705   

 JR郡山駅13番ホーム 東北新幹線 上り

 

 

20170311dsc00703 

 

20170311dsc00707 

 モノレール 浜松町駅。

 

 

20170311dsc00708 

   羽田空港 国際線ターミナルビル

 

 

20170311dsc00709 

 

20170311dsc00696 

 2016年11月から、購入し、読んだ本。

 

2017年1月22日 (日)

世界農業遺産 高千穂シンポジウム終える(1月21日)


■2017年1月22日(日) 宮崎県内滞在中

 
 
 本日は、朝より高千穂町からレンタカーで宮崎市内に戻り、午後の航空機で東京羽田空港へ。明日朝に東京駅より新幹線で仙台、乗り換え、名取市へ。みやぎの花セミナーへ。仙台市泊。
 
 
■1月21日は、前日の雪が少し残る町内、気温は1度。晴れ、曇り。9時開館の町図書館で郷土資料を1時間ほど調査する。高千穂神社の秩父杉、社殿裏の左上の梁にある「おこぎ小屋」を確認。その後、浅ケ部(麻香部)を歩く。竹と笹が道端に多くある。「おこぎ箸」はスズタケで作り、終われば川に流した、という(文献)。
 
 
 
■1月21日(土)13時~14時30分、宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1498の高千穂町自然休養村管理センターで開催された「世界農業遺産 高千穂町シンポジウム(第18回 地球研地域連携セミナー) 世界農業遺産 変えなければならないものと、変えてはならないもの」が開催された。
 
 たいへん多くの皆さんが参加された。150~200名。
 
 ふたつの講演、旭ヶ丘保育園児による園児神楽、高千穂高校生の発表、最後に6名によりパネルディスカッションが行われた。特に、佐藤公也(こうや)さんの徳別当棚田を守る会の話は、兼業農家の役割について重要であるという主張がなされた。
 
 終了後、17時30分より20時まで「むらかみ」で開催された主催者の反省会に参加した。会費は4000円。
 地球研の阿部健一先生をはじめ、宮崎県農林水産部の郡司行敏部長、新農業戦略室の牛谷良夫室長、中山間活性化担当の小岩崎規寿主幹、津隈祐喜主任主事、宮崎県西臼杵支庁農村計画担当矢野哲也副主幹、高千穂町財政課総合政策室谷川祐一次長、田崎友教さんらと懇談した。
 
 かっぽんたん、ぽんぽんくさ、、ともにカラムシのことを宮崎県内では北部・南部でそう呼ぶ。フクラスズメの幼虫(カラムシ虫)。
 
20170122
  1-29
 
20170129
 
Img_9218 
  三田井にある高千穂神社。もとは十社大明神とよばれたが、明治28年に改名している。
 
 
Img_9256  
 本殿裏の左上の梁部の彫刻が、「おこぎ小屋」。三角形の屋根をもつ。
 
Img_9252
 
 
 
20170121dsc08366 
 
20170121dsc08367 
  秩父杉
 
20170121dsc08368 
 
20170121dsc08374
 
 
20170121dsc08376
 
 
 
20170121dsc08364
 
20170121dsc08381
 
 
20170121dsc08382
 
 
20170121dsc08461
   高千穂シンポジウム
 
 
Img_9399
 
Img_9412 
 
Img_9384 
 

20170121dsc08466
 
 園児神楽(かぐら) 
 
Img_9376
 
20170121dsc08439 
 
20170121dsc08444 
   しちとうい(畳表) 大分県
 
20170121dsc08453 
 
20170121dsc08457 
 
 
20170121dsc08469 
 
 20170121dsc08489
 
 
ーーーーー
浅ケ部
 
Img_9282 
 
 
Img_9319 
 
Img_9290 
 
Img_9308   
Img_9273   
Img_9331 
  水口水神碑
 
Img_9289

2016年12月26日 (月)

はたらくこと、農の役割

■12月26日(月) 小雨


 20161225

2016年12月21日 (水)

マイペンライ???

■12月21日、三島町大登の調査後、七折下のラマにて、過日18日夜の鹿島アントラーズとレアルマドリードとの試合結果について佐藤衆さんと議論した。延長戦前の時点で、相手に与えた2得点は、ペナルティキックと、キーパーが跳ね返したものが押し込まれただけで、戦術的に鹿島は崩されていなかった、と衆さん。

 しかし問題は、、、坂下郵便局の外窓に『マイペンライ』CDケースが置いてある、、、、とのこと。さっそく、確認した。なぜ、これがここにあるのかは不明。

20161221dsc06042

 
20161221dsc06041
 
20161218dsc06013

2016年12月15日 (木)

混作の意味

■12月15日

 
 12月13日からの旅程で電車内では読書。5冊ほど持参。1冊目を読み終えた。それは、
 
 阪本寧男(さだお)『雑穀博士ユーラシアを行く』(京都の昭和堂、2005年)。京都大学の民族植物学の先生で、『エコソフィア』(民族自然誌研究会)に連載されたもの。
 
 
 フィールドワークの良さについて阪本先生は、「自分の都合だけで毎日のすべてを決めることができ、他のことは何も考えずに、一日中、自分の好きなことに熱中できること」「種子と写真はとれるときにとれ」という原則を学んだ。
 
 
20161214ppdsc05355 
   たねつぎ(種継ぎ)。
20161214ppdsc05352  
 
20161214ppdsc05354
 
 
20161214ppdsc05365 
 
福井駅
 
20161214ppdsc05370 
 
 
20161214ppdsc05369 
 宿のテレビで、福井の古代についての講演会ビデオが流れていた。継体天皇は現在の福井県内から出ている。
 
20161214ppdsc05368 
 
20161214ppimg_8341    
 南房総市、丸山町宮下の花の栽培ハウス群
 

20161214ppimg_8393_2 
川谷(かわやつ)の津島さんの花のハウス群 
 
20161214ppimg_8370  
 ホワイトレースフラワー。採花後すぐに水揚げされていた。津島さん宅。
 
 
20161214ppimg_8390  
 ホワイトレースフラワーの開花。津島さん宅。
 
20161214ppimg_8385
   津島さん宅のカスミソウ(アルタイル)。ベールスターと2種栽培。東日本板橋花き、第一花き等に出荷されている。
 
20161214ppdsc05332   
 
20161214ppimg_8374

2016年12月13日 (火)

岩手県宮古岩泉風力発電事業(仮称)の見直しを求めます

日本イヌワシ研究会 → 岩手県:宮古岩泉風力発電事業(仮称)の見直しを求めます

 

20161214ppimg_8368

2016年12月 3日 (土)

首都をあるく 12/02

■12/2

Dsc04087   
  磐梯山に隣接する磐梯町のアルツ磐梯スキー場のゲレンデ。殺風景。運営会社は倒産し、多くの負債を残したまま、現在の運営会社に譲渡されている。
 
 
Dsc04088   
  新・白河駅(新幹線)
 
 
Dsc04099  
 都内 八重洲から京橋
 
 Dsc04095
 
 
 
Dsc04096   農業図書売り場
Dsc04178
 
 購入した本を宿で読む。  
Dsc04181
 野本寛一先生が野老(トコロ)について書いている。会津金山町の事例も。 
Dsc04183  
 
Dsc04100    
  赤坂見附駅から歩く。
 
Dsc04102
 
  君の名は、、、、、君の髪は、、、、
 
Dsc04135 
    外苑前
 
 
Dsc04104 
  イチローのカレー屋
 
 
Dsc04110   
 
 
Dsc04105 
 
Dsc04107
 
Dsc04111
 
Dsc04116
 
Dsc04119   
 
農文協
 
 
Dsc04120 
 
Dsc04125    
 
Dsc04124    
  桐(きり)の木で、琴を作る工房
 
 
Dsc04129  
   草月会館いけばな
 
Dsc04128   
 
Dsc04131   
Dsc04132   
 
Dsc04136    
 フランフラン
Dsc04137    
 発酵居酒屋
Dsc04157   
 地下鉄銀座線の京橋駅隣接で11月25日に東京土地建物による京橋エドグラン開業。生花店は、はこねフローリスト。
 鎧塚氏の店も。
Dsc04155 
 
Dsc04158 
 
Dsc04170   
 
Dsc04162

2016年11月18日 (金)

台湾2日目 点景。工芸は、人心の華。縁にしたがうこと(随縁)

■2016年11月17日(木)台湾 2日目。33度くらい。暑い。

 
 台湾高速鉄道(高鐵、日本型新幹線)で台北駅から台中駅へ。60分。9時より台中近郊の視察。午後4時39分の台中発台北行き高鐵で帰る。新幹線車両には非常脱出窓口があり、ガラスを壊すハンマーが備え付けられている。日本型新幹線には無い。またテーブルの飲料水を立てて置くくぼみも日本より深い。物販のワゴンが行き来し、その後をごみ回収のカバンを引いた女性が行き来する。地下鉄車両内では飲食禁止だが、高鐵車両内では飲食できる。高鐵の指定席券(普通)では、30分前にならないと改札を入れない。切符はクレジットカード名刺大で、それは改札から出た場合も自分で持ち帰る仕組みになっている。ガイド付きの場合は清潔な食堂で食事。
 
 
■ 庶民の入る、あまり清潔とは言えないビュッフェ(バイキング)スタイルの食堂に昨夜、自分の意志で、行ったが、紙の容器プレートに、食べたいものを取り、すべての重量で値段を言われる。今回の旅で、語り掛けられる言葉(台湾語、中国語)は、まったく理解できないので、黙っていると、代わりの手法で課題を解決してくれる。値段を請求されても数字が不明だと電卓で台湾ドルを明示する、あるいは価格明示している装置を見せて、指さしで告知される。支払う小銭が不明だと手のひらに乗せた小銭から必要な数を取ってくれる、、、、、
 
 ビュッフェスタイルの食堂はテーブルが相席で、すべて単身者が座って食事をしている。また弁当箱型の紙容器で持ち帰る人がほとんど、、、、食事をしているわきの道路に、夜だが、ごみ収集車両が来て、店舗前のごみを回収していく。
 
 来客を観察し、食事をしている人の作法をよくみて、そのように行う。
 
 食事後、カフェ、、、、有名な名のところではなく、雑居ビルの2階にあるような知らない名前のところに行くと、若い人の集団(同性の二人、あるいは男女二人、グループ)と複数人での利用。声がこだまして、うるさい、、、ほどの。
 20人掛けくらいの大きなテーブルに座ると、ボーイが来て、、、、黙っていると、、、、メニューを書いた小さな票、、、、あるいはメニューそのものを持ってくる。レジで必要な飲料を注文、あるいは紙片票を出すと、会計。そしてその品物を受け取りに厨房前のカウンターに行く。
 
 
■ 明日(18日)は午前4時から市内の花の卸売市場、併設されている仲卸街。半袖のシャツ1枚で歩いているが、大量の汗がでる。湿度が高い。街歩きの人はマスクをした人も多く、その半数は黒いマスク。スマートフォンを操作しながら歩く人も多い。夜の街角に腰を下ろしている浮浪者と思われるような男性諸氏もスマートフォンを操作している。
 
 
■夜に、異なる書店をまた3軒、音楽CD点等を見て歩く。書店は3階、4階のフロアがあるところが多い。小さな間口(3間ほど)だが、それぞれに特徴ある品ぞろえ。歴史、民俗、旅行、手仕事、地図、、、、等のところと、店頭中央の平積み売り場を見る。日本のビジネス一般書図解ものが、翻訳出版されたもの、西日本の知名度の低い地域を紹介した単行本、イラスト入り、、、、旅行記、短期生活のエッセイものも多く見る。新刊単行本は、紙質とデザイン、編集等、たいへん優れている。手触りもよい、、、、、
 
 
■宿は駅前のかつて高級だった、現在は中の下クラスの古いところで室内の照明操作が全体を点灯する、消すのふたつしかなく、それぞれの電灯を消したりつけたりできないので、不便だが、価格相応。無料のペットボトル水(宿独自ブランド)が毎日1本、ついている。230ml。無味無臭。
 
 便利店は711、全家が多い。食品、水等を見ると、表示がとても細かく、ハサップ基準で製造された等明記もよくみる。
 
 
Dsc02274
 
 
 
台中駅 月台(ホーム)の 僧
 
 
Dsc02318    
   台北市内の食堂の掲額   随縁
 
 
Img_7093  
  国立台湾工芸研究所、生活工芸館。工芸のうつわ、人心の華(はな)
 
Dsc02172
 
 
 藍染、あいぞめ。
 
 
 
Dsc02349
 
 
Dsc02212   
 
台湾のカスミソウ満天星は、セレクタ社の銀河。写真はアルタイル。
台湾国内では、アルタイルが多い。アルタイル牽牛星は、梱包時の枝折れが課題になっている。また現在の圃場開花分は高温障害(団子花)が見られる。
鮮度保持は前処理(クリザール等?)。
 
 
台風によるハウス破損被害もまだ見受けられる。
 
 
 Img_7115
 
 
Img_7121
 
 

Dsc02222

 
 
Dsc02189   
 
 
Dsc02190
 
 
Dsc02197     
 
Dsc02201     
 
Dsc02299     
 ハサップ基準
 
 
Dsc02327    
 
Dsc02323    
Dsc02333    
 君の名は
 
Dsc02335    
 
Dsc02339    
  ダイソー、
 
Dsc02357 
 
Dsc02252    
 
Dsc02283     
 
ハンマー、非常脱出窓
 
 
Img_7050     
 
Img_7067    
 
Img_7069    
 
Img_7073 
 
 福島市のワラジまつり
Img_7087

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31